子宮内膜症の薬ジエノゲストで不正出血…試しに少しやめてみた

子宮内膜症の薬ジエノゲストで不正出血…試しに少しやめてみた

温泉に行きたいのに出血!

かなこは温泉が大好きです。
この秋も、温泉旅行を計画して行ってきました!

京都を出発して、兵庫の城崎温泉。さらに鳥取で、砂丘やウサギ伝説のある神社を拝んでキャンプ。さらに大山のお寺めぐりをして、足立美術館へ寄って、玉造温泉に泊まって温泉三昧して、出雲大社へ…2泊3日でよく車で走ったなあ…

と、それはさておき(笑

温泉を楽しむには、女子的には「生理と被らないか」が心配なところですよね!

かなこが子宮内膜症の治療のために服用しているホルモン剤ジエノゲスト(ディナゲストのジェネリック薬品)は
ホルモン分泌量を変えて、経血が増えないように、子宮内膜が分厚くならないようにしよう、という薬で
この薬でよくある症状として「不正出血」があります。

生理はなくて楽なのだけれど、いつ不正出血があるかわからないのが難点なのです。

浄化作用としての生理

子宮内膜症の手術をして以降、治療薬ジエノゲストを服用して2年半。
そもそもこんなに長いこと生理がない状態を続けているのに、少し疑問を感じてはいました。
生理って面倒だけど、月に一度、子宮内膜が剥がれ落ちるので、デトックスというかなんというか、浄化作用がある気がするのです。生理後ってスッキリする。

しかし、また子宮内膜が増えて内臓をひっつけるのは避けたい…

旅行予定日の一ヶ月くらい前から、2週間くらい不正出血が続いていたので、かなり悩んでいました。

ジエノゲスト服用、試しに少しやめてみた

悩んだ結果、思い切って、ジエノゲストの服用を少し止めることに!
※主治医とよく相談の上行いました。ディナゲストを服用している方にも当てはまるかどうかは分かりません。

服用をやめて約2日後、徐々に下腹部に鈍痛が。久しぶりすぎて懐かしかった笑
不正出血は、おりものに血が混ざってるとか、茶色っぽいとかが多かったのですが、だんだん鮮血も混ざるように。
でも、普通の生理のように大量に出血することはありませんでした。
(おそらく薬で、子宮内膜の増加が抑えられていたのでしょう)
鈍痛からの鮮血混じりから5、6日経って、出血終了!
たぶん溜まっていた内膜が全て出たのかな?
お腹も痛くなくなったので、きっと生理的なのが終わったのだろうと判断し、また薬の服用を開始しました。

そして無事に、温泉旅行を楽しめたのでした…!!!

鍼灸、生活習慣、漢方薬… 案外楽に止まってよかった不正出血

ジエノゲストの服用を始めた時は、術後の腹痛や体調の悪さもあったし、ホルモンバランスが変わって、はっきりしない不調がしばらく続きました。
なので、1週間くらい服用お休みするだけでも、とても勇気が要りました。
でも、特にしんどいこともなく、不正出血を止めることができました。
日々、身体を冷やさないようにしたり、鍼灸治療に通ったり、漢方薬(私の場合は桂枝茯苓丸)を飲んだりしていたから、心配していたよりもずっと楽だったのかな?と思います。

これからも、生活習慣を整えて、治療を続けていこう!

ちなみに、最近は、生理の回数を減らした方が、身体に負担がかからないのではないか、という考えのもと治療を行うことが多いようです。昔は4、5人子どもを産むのが普通だった時代もあるけど、今は子どもを産む回数が減って、その分生理の回数が増えているので、その分子宮内膜症などになるリスクも高くなるのでは、と言われているそうです。まだまだ不明な点が多いこの病気、研究が進んでいくといいですね!

※症状は人によって違うので、同じ子宮内膜症で、ジエノゲスト(ディナゲスト)を服用していたとしても、薬をやめたり再開したりする時は、主治医とよく相談して行ってくださいね!