中学生に起業のお話。未来は自分で選んでいこう。

中学生に起業のお話。未来は自分で選んでいこう。

京都の長閑な山間の中学校へ、進路や起業を考える授業の一貫として、講演をしてきました。

大人向けの講演は、だいぶやらせてもらう回数が増えてきたのですが、子ども向けははじめて。
どうしたら、興味を持ってもらえるか…かなり悩みました。

ちょうど、年始すぐの講演だったので、帰省時に、小中学生のアルバムを見てみました。


はじめて京都に行った時の写真(10歳)

うん、まさか、今もまた京都にきて、仕事してるなんて、夢にも思ってませんでした 笑

楽しかったこと、辛かったこと、いろいろ思い出しました。
だいぶ、やらかしてましたね!笑

 

いじめ、受験失敗、部活にも勉強にもついていけない、親友の死、寝ずにバイト、卒業後も科目履修生、デザイン修行、給料が慰謝料に消える、結婚離婚、入院手術、などなど、、、

でも考えてみたら、どれも、自分で決めたから、悔いはないし、自分の栄養になってます。

 

体調不良は自分で決めることちゃうけど、それも、過去の自分の積み重ねでできてる分はあると思うし、、、

思い切って、中学、高校、大学、社会人と、それぞれの時に悩んでいたことを、正直に書きまくってプレゼンにしました。

これがまぁ、うけた!笑


うなずいたり笑ったりして聞いてくれてる生徒のみんな

先生にも、すごく面白かったって言ってもらえて、嬉しかったです。私も先生の目がひらいてくのが見えて面白かったです笑

 

あとで貰った感想にも、失敗談を話してくれたから説得力があったって書いてありました。
辛いことでも人生のプラスになるってわかった、とか。

自分の気持ちを大切にしたい
人のために自分の力を貸したい

そんなコメントがあったのも嬉しかったですね。

 

もちろんちゃんと、今やってる仕事の話もしましたよ。


地域の人たちと連携して、外から人を呼んで案内している、という内容を話しているところ。

 

子どもたちは、ほぼもれなく、都会に憧れていました。
地元である田舎には、何もないって思ってたみたい。

なので、都会には都会の生きづらいところがあるとか、田舎だからこそできることがあるっていうのは、とても刺激になったみたいです。

選択肢は色々あるってこと、わかってもらえたらうれしいなあ。

 

約1時間の講演の、ラストはこれにしました

自分の人生、自分で考えて、選んで、納得してますか!?

不条理やと思うことも沢山、誰でも、あるでしょうが、それを受け入れて、どうしようか自分で決めたら、こわいもんなしです。

 


今回お話しさせてもらった中学校

 

子どもたちに学びがあるように、考えていったら、結果的に自分が、学ばせてもらってました

背筋のびる!!!!笑

 

世界一有名な「かなこ」に、また一歩近づけたかな??

 

今月はもう一本、高校での講演があります。またブラッシュアップして持っていこう。

 

さて明日はまた、ラジオ出演がありまーす。
KBS京都ラジオで朝7時15分ごろから。
またまたよろしくです。