商品開発のクラウドファンディング挑戦。「布を生かし、伝統技術・森林資源を守る。思い出Eco織り機を広めたい」

商品開発のクラウドファンディング挑戦。「布を生かし、伝統技術・森林資源を守る。思い出Eco織り機を広めたい」

クラウドファンディング挑戦中!新聞掲載

京都新聞に掲載いただきました。

大きく取り上げていただき、ありがたいです。

以前から、古着を楽しくリサイクルできて、教育や福祉にも役立つ織り機を製品化できないかと考えていました。
せっかくならばと特許も取得して、今回いよいよ最初のロット生産のためのクラウドファンディングを実施中です。

世の中に良いもの作るなら、クラウドファンディングで広めてみない?

クラウドファンディングは、web上に想いを乗せて、共感する方から支援を集める仕組み。
世の中に良いものを作りたい!アイディアを持っている!広めたい!でもお金がない!
そんな人にはぴったりの仕組みです。
色々な新しい製品やアイディアが掲載されていて、読んでいるだけでワクワクします。
私自身は3回目の挑戦。今回もなんとか成功させたいです。

今回の挑戦は、新商品作りと仲間集め

1回目は、「わざどころPON」の拠点整備と発信のため。
2回目は、改修となるJR八木駅舎の思い出の品作りと、新しい駅舎の情報を届けるために、地域の方と行いました。

今回は、新商品をお届けするためと、一緒に、この織り機でできることを研究する人集めをしています。

ぜひご一読いただけたら嬉しいです!
↓↓↓
https://readyfor.jp/projects/ecoori